top of page

食べてはいけない|危険な植物・毒草

食べ物ではありませんが、猫が食べてはいけない植物もたくさんあります。ひとくちに観葉植物と言いますが、その種類は多彩で覚えきれないほどの植物があります。猫に中毒症状を及ぼす危険があるものがなんと700種類を超えるのではと言われているのだとか。

例えば、ポトス、スズラン、トマト(葉、茎、青い実)、アサガオ、ユリ、チューリップ、スイセンなどです。

室内に観葉植物などを置く場合には、注意が必要です。


ひとくちに観葉植物と言いますが、その種類は多彩で覚えきれないほどの植物があります。猫に中毒症状を及ぼす危険があるものがなんと700種類を超えるのではと言われているのだとか。そんななかでも、家庭で置かれやすい観葉植物のなかから、危険度の高いものをご紹介していきます。

ユリ…花びら、葉、茎、花粉、花瓶の中の水さえ✖

  (症状)嘔吐・痙攣・狂乱・昏睡・尿毒症・腎不全

      治療に反応せず致死的。進行を遅くする事しかできない

▪ナンテンの赤い実

▪かすみ草、カーネーション、ナデシコなどのナデシコ科…吐き気・嘔吐・胃腸障害

▪キキョウ…下痢・溶血性貧血

▪チューリップ…ユリ科!皮膚炎・口内炎・心不全

▪藤…嘔吐・下痢・まれに死亡

▪ルピナス…下痢嘔吐・呼吸困難・心臓麻痺

▪アマリリス、スイセン、ヒガンバナ…嘔吐・かぶれ・多量で中枢神経麻痺による死

▪スイセン…口内炎・皮膚炎

▪スズラン、ヒヤシンス…皮膚炎

▪ランタナ…嘔吐・下痢・腹痛・瞳孔散大・呼吸困難・昏睡

▪アロエ…下痢

▪ポインセチアの茎と葉…皮膚炎・湿疹・長期的には発癌性あり

▪シクラメン…嘔吐・胃腸炎

▪アジサイ、ハイドランジア…花も葉も✖ 嘔吐・めまい

▪つつじ、ドウダンツツギ、シャクナゲ…嘔吐・下痢・量により痙攣・呼吸停止・致死

▪花菖蒲、グラジオラス、フリージアなどのアヤメ科…口唇炎・胃腸炎・皮膚炎・嘔吐・下痢

▪アネモネ、福寿草、ラナンキュラスなどのキンポウゲ科…心臓麻痺・呼吸麻痺・茎汁はついただけで皮膚炎


【観葉植物】

▪ポトス…皮膚炎や口内炎

▪アイビー…下痢・嘔吐・口内の痒み・神経症状

▪カラー、モンステラ、カラジウム…口内炎・口唇炎・皮膚炎

▪フィドルリーフ…口内に激しい炎症・嘔吐

▪フィロデンドロン…炎症や嘔吐・腎不全

▪アグラオネマ…口に入れただけで炎症を引き起こす

▪サボテン

▪サンセベリア(虎の尾)


▪アロマも危険

(Allabout・ペットスマイル・ペコさんからお借りしました)


bottom of page