top of page

知ってましたか?次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の違い

実は、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは全く違います。


次亜塩素酸水とは、食塩水、塩酸を電気分解した水溶液です。殺菌成分の次亜塩素酸が含まれており、食品の消毒や物品の除菌などに用いられます。

次亜塩素酸ナトリウムとは、塩素系殺菌剤の一つであり、ハイターやカビキラーなどを指します。これも同じように殺菌成分があります。

では一体何が違うのでしょうか?


「次亜塩素酸水」

・弱酸性

・肌と同じpHの弱酸性のため皮膚へのダメージが非常に低い

・汚れ、菌に触れると水に変化する性質を持つので安心

・食品添加物としても幅広く使用されているため安全性が非常に高い

・超音波加湿器にて空間の消臭や除菌に使用できる

・ペットの手足や毛に直接吹きかけ、消臭できる

・皮膚、粘膜に使用可能


「次亜塩素酸ナトリウム」

・強アルカリ性

・強アルカリ性のため直接触れると皮膚が溶け、ヤケドのような状態になる

・手の消毒には使用できない

・希釈して使用しても、金属に付着すると腐食作用があり、金属をダメにしてしまう

・酸性タイプのクリーナーや酢などの酸性製剤が混ざると化学反応が起こり、有毒ガスを発生させる

・皮膚、粘膜に使用不可


以上のように両物に共通点はありますが、全く違うものだとご理解いただきましたでしょうか。

(さかい歯科クリニックさんよりお借りしました)とても分かり易かったです!


bottom of page