top of page

食べてはいけない|玉ねぎ、ねぎ類、エキスもアウト!

玉ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊し、血尿、下痢、嘔吐、発熱、呼吸困難、溶血性貧血やハインツ小体性貧血などを起こす可能性があります。犬に比べると猫の方が危険性は少ないとされていますが、急性腎不全などを起こすこともありますので要注意です。ネギ類そのものを食べなくても、スープやハンバーグに入っているものでも危険性は変わりませんので、ネギ類を使った料理が食卓に並ぶときは、猫を遠ざけてください。

ベビーフードや人間用の缶詰の中にもオニオンエキスが含まれていることがあるので、必ず内容物をチェックしてください。


症状が出る摂取量は、体重1kgあたり5gです。 

アリルプロピルジスルフィドの毒性は、加熱してもなくならず、また乾燥・粉末化しても消えません。

したがって、オニオンパウダーやガーリックパウダーも危険です。

ハンバーグやシチュー、すき焼きや肉じゃが、みそ汁の残り汁など、具材としてネギ類を使っている料理は、猫が自ら食べてしまうことがあるので注意が必要です。

(Allabout・ペットスマイル・にゃんペディアさんからお借りしました)


bottom of page