top of page

ブリーダーから迎えるメリット・デメリット

ブリーダーから子猫を迎えるのは、特に初心者飼い主さんにおすすめの方法です。そうは言うものの、「初心者に猫舎への見学は敷居が高い!」と感じる方もおられると思います。

そこで今回はメリット・デメリットを見てみましょう。


ブリーダーのメリット

①比較的価格が安い

ブリーダーのもとで生まれた子猫たちは、主にペットショップやせり市に販売されています。いくつかの業者を通すということは、それだけ中間コストやマージンが上乗せされるということ。一方、ブリーダーのなかには、“直販価格”でダイレクトに子猫を販売しているところも少なくありません。その場合、業者を通す必要がないため余計な費用がかからず、相場よりも安く購入できるのです。

もちろん、キャットショーでチャンピオンを取るような血統の猫が親猫の場合や、希少な猫種、レアカラーの場合、相場よりも値段が高くなることもあります。


②社会化ができている

“社会化”とは、生まれたばかりの子猫が母猫や兄弟猫との生活のなかで、他者と上手にコミュニケーションをとるための基礎を身に付けることを指します。

社会化において、もっとも重要な期間は生まれて2~3カ月までの間。その間に親元で育った子猫は、精神的にも安定し、病気をしにくい(体が丈夫になりやすい)とされています。

逆に十分に社会化ができないまま親元から引き離されてしまうと、気難しく飼いにくい猫になるケースもあります。


③その猫種のプロからアドバイスを受けられる

自分が取り扱う猫種に関する豊富な知識を持つブリーダーは、初心者飼い主さんにとっては心強い味方です。飼育のポイントやしつけのコツなど、子猫の飼育に必要なアドバイスがいつでも受けられます。


ブリーダーのデメリット

①遠方の場合、見学などに交通費がかかる

ブリーダーから子猫をお迎えする場合、直接猫舎に足を運ぶのが原則です。条件に合うブリーダーの住まいが遠方の場合は、見学やお迎えに通うために交通費がかかります。

また、希望する子猫がいない場合は、生まれるまで予約待ちになることも珍しくありません。


②ブリーダーとの相性が悪いことも

個人経営者が多いブリーダーの世界では、猫の繁殖や飼育に対する考えもさまざまです。ペットとしてかわいがる猫を探している場合、キャットショー思考のブリーダーとは合わないと言えるでしょう。その逆もしかりです。

(みんなのペットライフに掲載されていた説明が分かり易かったので引用させてもらいました。)


家族に迎えたい子猫を見つけましたら、見学予約のうえ猫ちゃんに会いにお越しください。迎えたい子猫がどんな環境で育ったかを確認するためや、どんなブリーダーが育てたのかを確認するためにも重要です。困った時にアドバイスをもらえそうですか?

しっかりと確認しましょう。



店舗名

ねこのわたあめ サイベリアン・ソマリ・ラガマフィン専門キャッテリー

所在地

〒617-0817

京都府長岡京市滝ノ町 2 丁目 27-29

電話

090-9094-7099

見学受付

10時~18時

※時間外ご希望の方はご相談ください。

定休日

年始

お問合せ方法

電話、お問い合わせフォーム、Gmail、LINE

動物取扱責任者

足立さやか

動物取扱業

​販売:京都府第010079-1号 保管:京都府第010079-2号

事業内容

​繁殖・子育て・子猫販売・オーナー様と猫ちゃんのサポート(成長過程を一緒に楽しんでいきたいと思っております。どんな事でも連絡いただけると嬉しいです。)

保有資格・免許

​小動物飼育販売管理士 愛猫飼育スペシャリスト 上級ペット介護士 ​ペットセラピスト

お支払方法

​現金、銀行振込(ゆうちょ銀行、京都信用金庫)

※割引サービス

​同時に2頭以上のご購入、もしくは通算して2頭目以降のご購入は2頭目を5%OFF、3頭目を10%OFF

※ペットお預かりサービス

​ご成約頂いた猫ちゃんに限り、ペットホテル・ペットお預かりをご利用いただけます。(有料)

※里親探し代行

​飼育継続が困難になった場合は、責任を持って里親を探してください。見つからない場合はご相談ください。(有料)

※猫専門ペットシッター

開業予定



bottom of page